所沢駅について風俗養護教諭 | バイカーの峠攻略所沢風俗編

 

所沢駅について風俗養護教諭

  • 投稿者 : とめどなく
  • 2014年7月8日 8:08 AM

所沢駅 風俗へ隣のテーブルからは、タクシーの運転手とかエアコンディショナーの修理工とかが眼(がん)づけをして、口ぎたない罵りを投げつけてくるだろう。風俗嬢はさらに自分の身の上話をし、わたしは嘘の上塗りをすることになる。それよりも、熟女との約束を、まだ果たしていなかったのではないだろうか。わたしはローターの頭の下からそっと腕を抜き、枕の下で下着を探った。そのあとで、マットレスからころがるようにおりた。長年の経験で、すべりおりるよりころがっておりるほうが音をたてないということがわかっている。このやりかただと、上体の力は必要になるのだけれぬぎちらかした服を探すのはたいへんだったが、靴下の片つぼ以外はすべて見つけることができた。靴を手にもって、わたI)はっまさきだちで部屋を出た。ひとしきりわたしが騒いでいる間、ローターは寝たふりをしていてくれた。そしてやにわにはっきり聞こえるような寝息をたてた。冗談も言い訳もいわなくていいのよ、こっそり出ていかせてあげるという合図だった。ありがとう、永遠に恩に着る。太陽が、わたしを街路にうちのめした。昼の光のもとでは、わたしはハィド氏だった。ジョガーたちはわたしをよけようとして、プーマのジョギング・シューズをすべらせた。パトカーはわたしとかかわりをもつくらいならUターンするほうを選んだ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。